生体試料・物性分析

生体試料分析や物性分析をお引き受けしております。
生体試料分析では、ラット、マウス、イヌ、ウサギ、モルモット等の生理学、薬理、毒性実験などにおいて一般的に用いられる動物種での臨床検査[血液学的検査(機器分析・血液塗抹標本を用いた鏡検)、血液生化学的検査、尿検査・骨髄検査]や生体試料中の被験物質や生体成分の分析を受託しております。
物性分析では、委託者様のサンプルのスペクトル測定、水分・灰分・含量分析などが可能です。

安評センターの生体試料分析・物性分析は、次のような特長を有していますので、委託者様の実験サンプルをお送りいただければ、信頼性の高い結果を迅速にお届けすることが可能です(特殊な手法の場合は、測定法の適正性確認のために少しお時間をいただくことがあります)。

  • 汎用臨床検査用機器だけでなく、HPLC-UV/VIS/RI/FL、GC-FID、分光(蛍光)光度計、フーリエ変換型赤外分光光度計(FT-IR)、動粘度計、水分計、灰化装置、フローサイトメーター、リアルタイムPCR、DNAシークエンサーなどの様々な分析機器を取り揃えておりますので、様々な生体試料分析・物性分析が可能です。
  • 生化学的手法による酵素の活性測定の経験も豊富です。
  • 安評センターで日々行われる毒性試験の多くはGood Laboratory Practice(GLP)に準拠しているため、汎用的な操作手技、機器等については厳しい適正性確認(バリデーション)がなされています。
  • 一般的な分析法でない場合も、分析法のバリデーションを行います。

血液学検査の項目例はこちらから

項目名 略語名
ヘマトクリット値 HCT
ヘモグロビン量 HGB
赤血球数 RBC
平均赤血球容積 MCV
平均赤血球血色素量 MCH
平均赤血球血色素濃度 MCHC
網赤血球数/率 Ret
血小板数 PLT
白血球数 WBC
好中球数/率 NEUT
リンパ球数/率 LYMPH
単球数/率 MONO
好酸球数/率 EOSN
好塩基球数/率 BASO
大型非染色球数/率 LUC
プロトロンビン時間 PT
活性化部分トロンボプラスチン時間 APTT

血液生化学検査の項目例はこちらから

項目名 略語名
総蛋白 T.Pro
血糖 Glc
中性脂肪 TG
総コレステロール T.Cho
尿素窒素 BUN
クレアチニン Cre
総ビリルビン T. Bil
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ AST
アラニンアミノトランスフェラーゼ ALT
アルカリホスファターゼ ALP
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ γ-GTP
カルシウム Ca
無機リン I.P
ナトリウム Na
カリウム K
塩素 Cl
アルブミン分画濃度/比率 Alb
α1-グロブリン分画濃度/比率 Alpha-1
α2-グロブリン分画濃度/比率 Alpha-2
β-グロブリン分画濃度/比率 Beta
γ-グロブリン分画濃度/比率 Gamma
A/G A/G

尿検査の項目例はこちらから

pH 尿量
潜血 色調
ケトン体 尿浸透圧
尿沈渣
蛋白 ナトリウム濃度/排泄量
ビリルビン カリウム濃度/排泄量
ウロビリノーゲン 塩素濃度/排泄量

骨髄検査の項目例はこちらから

赤血球 骨髄球
血小板 後骨髄球
好中球 桿状核球
好酸球 分葉核球
好塩基球 単芽球
単球 リンパ芽球
リンパ球 細網細胞
前赤芽球 プラズマ細胞
好塩基性赤芽球 巨核球
多染性赤芽球 組織肥満細胞
正染性赤芽球 Myeloid/erythroid比
骨髄芽球 赤芽球核分裂像
前骨髄球 顆粒球核分裂像

血液学用測定機器や鏡検により、造血系細胞の観察、ステージ分類、カウントをいたします。